住宅設計の依頼を受けたときにほとんどの方から明るい部屋という希望項目があがります。光は一般の方にとって最も重要な要素なのでしょう。建築設計の専門家にとって太陽光は、建物の配置・向き・開口部(窓)の位置や大きさなど、プラニングの初期段階の方向性を決定づける大切な基本要素です。

太陽光は季節によって高度と方向が変化します。冬のあたたかな陽光は低くやさしく差し込み、 夏の強い陽光は高いところから強く照りつけます。すべての設計者はその性質を考えながらプラニングしていることでしょう。

太陽光=「光」→×

夏涼しく冬暖かい家をつくるとき、太陽光を「光」と考えるところに間違いが生じます。光は電磁波の一種で、主に可視光の波長域を「光」と呼んでいるわけですが、光には「波」の性質があり物体に当たると「熱」に変わります。窓から太陽光を導くとき、明るさだけでなく熱も一緒に入ってくることを忘れてはいけません。

「光」→「光熱」

建物の中に入った太陽光は床や壁に蓄熱され輻射熱となり発散していきますが、輻射熱はガラスを透過しないので一度入った熱は屋内に留まります。この現象が温室効果と呼ばれているものです。直射光だけでなく反射光も室内に入ります。夏の北側面は南側面の1/2の日射取得があります。東面と西面からは南面と同程度の日射取得があります。太陽光だけでなく人工照明器具からも熱は発散されます。

このような「光熱」の性質を正しく認識して建築デザインすることがとても重要です。

風 → 通風
タイトルとURLをコピーしました