バウビオロギー25の指針

バウビオロギーは1960年代にドイツで生まれ、1980年にアントン・シュナイダー氏によって「25の指針」が提起されました。この指針は40年以上経ったいまでもバウビオローゲにとっての羅針盤となっています。指針は時代に合わせて改訂されてきましたが、一般の方々にとっても理解しやすいよう2018年に大きく改訂されました。5つの大項目と、その中の5つの小項目に整理分類され、項目ごとにピクトグラムがデザインされました。また25の指針に優劣はなく等しく大切なため、1~25までナンバリングされていた番号は廃止されました。

バウビオロギー 新25の指針

いくつかの小項目は複数の大項目に関連する分野もありますが、そこは分かりやすさを優先してバッサリと5つの大項目に整理されています。5つの大項目を簡単に説明しておきます。より詳しく知りたい方は下のリンク集からそれぞれの項目へお進みください。

大項目1:快適な室内環境
有害物質の使用を減らし新鮮空気を十分確保し、健康を損ねるカビ・バクテリアを回避する方法、無臭もしくは良い香りのする建材の推奨、電場電磁波からの影響を最小限にするための方法などについて解説されています。

大項目2:建材の選択
断熱と蓄熱のバランス、空気温度と表面温度の関係に留意した建材の選定。調湿性能を持った材料、特に自然素材の推奨、部屋の音響・遮音を最適にするための建材の選定方法、新築時の湿気の放散などについて解説されています。

大項目3:空間の造形
住居心理学・住居生理学の観点から調和的なプロポーションや形態について学び、五感の大切さ、自然の光に近い光のバランスに注意した照明の選定、生理学的・人間工学的な認識に配慮した色彩やインテリアの提案などについて解説されています。

大項目4:持続可能な環境形成
エネルギー消費を最小限にし、環境負荷を回避する工法、再生可能エネルギー利用の推奨、地域固有の建築工法を優先し、エコ収支の観点から最もふさわしい材料や経済循環を選ぶ方法などについて解説されています。

大項目5:エコ・ソーシャルな生活空間
幹線道路脇の敷地は快適な環境か、湿気が溜まりやすい盆地形状の敷地で健康に暮らせるか、といった建設地にかかわる問題から仕事場や学校など地域ネットワークやインフラにかかわる問題について解説されています。

バウビオロギーとは?     

バウビオロギー25の指針   

25の指針「快適な室内環境」 

25の指針「建材の選択」   

25の指針「空間の造形」   

25の指針「持続可能な環境の形成」 

25の指針「エコ・ソーシャルな生活空間」 

感共ラボの【ECショップ】

住まいのWeb相談|室温シミュレーション|耐震性能診断|間取り相談|など、ECショップから直接ご依頼ください。セカンドオピニオンとしてもご利用いただけます。

感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森
タイトルとURLをコピーしました