賃貸住宅事例

感共ラボの森が手掛けた賃貸住宅事例

賃貸市場は厳しいものとなっています。普通の賃貸住宅を作っただけでは競争力がなく契約率が低下するか賃料を下げざるを得ません。感共ラボの森では、地域オンリーワンとなるような付加価値や特色を付けた賃貸住宅をご提案します。

一人暮らし、単身、夫婦二人、子育て家族、SOHO利用、シェアハウスなど建設地に応じた他にはない特色で、プレミアム家賃・低空室率の人気物件を提案しています。アパート・賃貸住宅の計画をお持ちの方はお問い合わせください。

賃貸住宅計画の流れ

1、計画敷地周辺のマーケティング調査を行い、メインターゲット層を割り出す

2、付近の賃料相場から想定賃料を設定

3、10年ごとの修繕費用や空室率を考慮した投資額(総予算)を割り出す

4、将来的に競争力を維持できる計画を立案する

普通賃貸、シェアハウス、ゲストハウス、民泊、ホテル旅館、スペースを貸すという意味では賃貸~宿泊は同じです。これらの垣根をなくした収益性の高いご提案をしています。

タイトルとURLをコピーしました