自宅設計の成功と失敗

今回は、今後の考察の基礎となる、2004年5月に完成した自宅についてデーターを公開します。
(1) 建物仕様
1. 構造:木造2階建て(2階上部はロフトと吹き抜け)
2. 面積:建築面積37.60㎡、延床面積67.68㎡
3. 屋根:高性能グラスフール16K 100mm厚×2枚+空気層
4. 壁 :高性能グラスウール16K 100mm厚+空気層
5. 気密:室内側デュポン タバーン、室外側デュポン タイベック
6. 冷房:空冷ヒートポンプAC 1台
7. 暖房:土壌蓄熱式床暖房(サーマスラブエンジニアリング)
8. 窓 :木製、アルミ
9. 硝子:ペア硝子(空気層6mm、12mm)
10.熱源:オール電化
(2)入居後の室内環境
1.夏季1階:外部気温-2度程度
2.夏季2階:外部気温±0度程度
3.厳冬期1階:18度前後(起床時)
4.厳冬期2階:15度前後(起床時)
5.夏季電気代:8000円程度(8月)
6.冬季電気代:18000円程度(12月)、20000円(1月)
(3)成功点と失敗点
1.成功点
・真綿に包まれたような空気感(輻射熱・太陽光・自然材料仕上げ)
・大きな庇と空気層により、夏季室内温度が予想を反し外気温同等だった
・エアコンのない生活の心地よさ(スイッチON/OFFからの開放、静けさ、湿度コントロール)
・太陽や風など自然環境との共生感
2.失敗点
・南北の全面窓からの熱損失が大きく、厳冬期の早朝が寒い
・1階寝室が最も暮らしやすい環境となってしまった
以上が住み始めて感じている成功点と失敗点です。現在はこの経験を生かした設計活動に取り組んでおります。

タイトルとURLをコピーしました