住宅展覧会

展覧会

昨日は展覧会「大きなテーブル」の会場担当で1日銀座にいました。
「大きなテーブル」展といってもテーブルの展覧会ではありませんよ。
大きなテーブルのある住宅の展覧会です。

わざわざ神奈川県鵠沼から来てくれた女性がいたのですが、テーブル
の展覧会と勘違いされていて申し訳ないことをしました。出展されている他の方々は皆さん才能豊かで立派な経歴をお持ちの方ばかりです。

中谷俊治
ヤマトインターナショナルや梅田シティーなどを設計された原広司さ
んのアトリエファイを経て独立。独立前2年間で世界中を旅した旅行記
をTOTO出版から出版されていて、軽快な語り口と熱意の伝わる文章
で綴っています。実際会うととても穏やかで安心できる人柄です。

石崎友久
あの磯崎新事務所に勤務し、海外留学経験もある奇才。設計する住宅
は求道者のような奥深さがあります。人懐っこい人柄で話術も巧みな
ので話していて飽きません。おもしろいのは料理研究家という側面が
あり、お手製のケーキをパーティーでいただきましたが、一流店に負
けない味でした。

東信洋
東京大学を卒業後、鹿島建設へ入社、独立してご夫婦で事務所を営んで
います。ほんわかした雰囲気で、思いもつかないような発想が出てき
そうな魅力を感じます。4歳の男の子の父でもありますから、生活者
の視点に立った設計にも期待できると思いますよ。

展覧会もいよいよ終盤、今週土曜日28日までとなっております。
銀座中央通りのタチカワブラインド銀座ショールーム地下1階の会場
でお待ちしております。

blog category
Diary
感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

  1. このブログの総目次

    「建築家が考えるLOHASな住まい」 総目次
    (1)光熱費1/2住宅の設計手法
      ・光熱費1/2住宅とはなにか?
      ・光熱費1/2住宅の13要素
      ・自然風の利用技術
      ・昼光の利用技術

タイトルとURLをコピーしました