土台と柱

SE構法の柱脚金物

一般的な在来木造住宅はコンクリート基礎の上に土台を敷き、土台の上に柱を立てていきます。柱には当然建物の荷重がかかるので土台は若干沈むわけですが、特に地震時の隅柱の沈み込みが大きくなります。
木造最強性能 SE構法では、隅柱の下には特殊な柱脚金物を設置して柱を立てています。こうすることで土台の座屈を防いでいるのです。
写真を見るだけでも頑丈そうでしょ?

blog category
川崎等々力の家
感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました