塗装自主工事でコストダウン

オスモ塗装

人体に害を与えない植物性油を主原料とした自然系塗料の代表格がオスモ。
ドイツ原産の塗料で、塗料の健康被害が問題となる以前から輸入されて広く使われています。


今回の事務所建設工事ではコストダウンのために塗装は全て自分で行うことにしました。外部壁のウエスタンレッドシダーに塗る塗料として購入したのが「オスモ ワンコートオンリー」1回塗りでOKなうえに施工性もよいという商品で内外両方で使用できます。外部で防腐防蟻が心配な場所なら下塗りとしてウォータープルーフを塗った方がよいでしょう。

オスモの弱点はやはり値段の高さ!!

同種の別メイカー商品「リボス」と変わらない金額ですが、木質部分の外部塗料の定番「キシラデコール」の2倍はする金額です。色が合えばキシラデコールでも良かったのですが、イメージに合う標準色が無くてオスモを使うことにしました。
今回購入したオスモ ワンコートオンリーの塗料金額は900円/m2、職人さんに塗装してもらって工務店経費も上乗せすると2200円/m2という高額商品です。
写真オスモの左隣は、屋上スチール手すりの塗料で、こちらも自分で塗装する予定で購入しました。260円/m2という外部鉄部用の普通の塗料です。

blog category
川崎等々力の家
🎉LINE友だち登録でプレゼント🎁

プレゼントを受け取る!!
◎感共ラボのポートフォリオ
◎パッシブ住宅の解説ブック
◎夏の住まい方ガイド
◎冬の住まい方ガイド

感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

  1. このブログの総目次

    「建築家が考えるLOHASな住まい」 総目次
    (1)光熱費1/2住宅の設計手法
      ・光熱費1/2住宅とはなにか?
      ・光熱費1/2住宅の13要素
      ・自然風の利用技術
      ・昼光の利用技術

タイトルとURLをコピーしました