光熱費1/2住宅

国土交通省と独立行政法人建築研究所により、平成13年から4年間にわたり、自立循環型住宅の研究・開発プロジェクトが進められました。この研究成果をまとめた設計手法の手引書が「自立循環型住宅への設計ガイドライン」です。
なんか小難しいようですが、要するに「光熱費1/2を目指す住宅」ガイドラインです。

自立循環型住宅

政府が主導する政策や研究は余計なお世話的なものが多いですが、この研究はすばらいもので、建築設計実務者にとってとても参考になる手引書です。
光熱費1/2にするための手法13要素をA自然エネルギー活用技術、B建物外皮の熱遮断技術、Cエネルギー設備技術として紹介しています。
(詳細は後々、細かく紹介していきます)
2000年の標準的な住宅のエネルギー消費の内訳は次のようになっています。暖房18%、冷房2%、給湯30%、調理照明家電50%住宅のエネルギー消費のうち50%は調理照明家電関係で消費され、設定
温度を下げよう~なんてキャンペーンしている冷房は僅か2%しかないということが分かります。
光熱費1/2住宅では暖房・冷房・給湯・調理照明家電全ての分野での省エネ対策手法を紹介しています。
特質すべきは、農村部・中間地域・都心部と太陽光を取り入れやすい住宅とそうでない住宅それぞれに対策方法を紹介している点です。

省エネ住宅、エコ住宅の基本中の基本をぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました