僕が目指す住宅

僕が目指す住宅
■住宅の快適性
私は平面や立面、断面計画と同じくらい住環境を重視しています。何十年も住み続ける住宅の満足度や気持ち良さの半分は快適な住環境がもたらすと考えるからです。設計段階で住環境を具体的数値で評価し快適性を確かめながら設計しています。

■僕の造形デザイン
太陽の陽や風、冷熱や蓄熱効果など自然エネルギーを有効活用しながら造形デザインも高めていく設計手法で組み立てたプランや造形は、一見普通に見えるかもしれません。一見普通なんだけど何故か気持ちいい。奇抜ではないけど品のあるデザインを目指しています。
ここで今も心に刻む吉村順三氏の言葉を紹介しよう
「訪れてすぐいい家だと感じるのはあまりいい家じゃないね。本当にいい家と
いうのは自宅に帰った後、あ~あの家いい家だなとしみじみ感じるものだよ。」

■住宅に必要な非日常空間
毎日の生活の場となる住宅には、はっと驚くような空間は必要でしょうか?
私は日常空間は9割、奇抜な造形や驚くような空間などの非日常の割合は1割でいいと思います。非日常空間の割合は商業施設に近づくほど上がります。宿泊施設や別荘なら3割、店舗などは5割と上げていくべきです。非日常の空間は派手で注目をあびますが、毎日生活する住宅では精神的に疲れてしまいます。フランス料理やイタリア料理を毎日食べる人はいませんよね?日常の和食のなかに時々非日常の外食があるから美味しいのです。

タイトルとURLをコピーしました