健康維持増進住宅 5

健康維持増進住宅

健康維持増進住宅シリーズ 5
今日は「アレルギー性疾患と住環境」の関係について解説します。
①アレルギー疾患率が上昇
児童のアレルギー性疾患の有病率が全国的に上昇しており、10年前と比べて2倍にまで増加しています。
②二人に一人がアレルギー性疾患を示す
全国の小学校4,5年生を対象に実施したアンケート調査によると50%の児童が何らかのアレルギー性疾患をあげています。有病率でいうと「アレルギー性鼻炎」33.4%「アトピー性皮膚炎」15.5%、「喘息」12.3%、「アレルギー性結膜炎」9.8%などの有病率が高くなっています。
アンケートにおいてアレルギーの原因として回答の多かったのは花粉・ハウスダスト・ダニです。
③影響が大きい”湿気”
上記のアンケート結果を分析した結果、アレルギー性疾患と居住環境との関連性について下記の要因が確認されています。
・遺伝的要因と気道過敏症や花粉症などとの関連
・工業地域における喘息との関連
・開放式ストーブと花粉症および何らかの症状との関連
・子供室の湿気と全てのアレルギー性疾患との関連
・居間お湿気と気道過敏症との関係
・結露と何らかの症状との関係
・カビと全てのアレルギー性疾患との関連
以上のことから、湿気が多い状態が結露やカビの発生を招き、その結果として児童のアレルギー性疾患の発症に何らかの影響を及ぼしている可能性が指摘されています。
④湿気と現代住宅環境について
昨今の住宅は気密性が向上し、不適切な換気計画が原因で室内の湿度が上昇し、それに伴い結露やカビ・ダニなどの微生物が繁殖しやすい環境となっています。さらに、各種建材、家具、家電製品、PC、生活用品、や殺虫剤などから科学物質が発生しており、VOCのみならず難燃剤などの添加物に含まれるフタル酸エステルや有機リンなどの発生の問題が指摘されています。
以上のことから、住宅計画では適切な換気と調湿建材の採用などで湿度上昇を防ぎ、家具・備品などから発生する化学物質に配慮する必要があることが分かります。

タイトルとURLをコピーしました