光熱費1/2のエコ住宅 日射利用1

自立循環型住宅AB

光熱費1/2のエコ住宅(自立循環型住宅)解説シリーズ、日射熱利用について解説します。日射熱利用は住宅プラニングにも直結する要素で、内容の濃い奥が深い部分なので、2回に分けて解説いたします。
日射熱利用は、建物が取得する太陽熱と建物から損失する熱とのバランスを考えて設計することにより暖房エネルギーを削減するものです。
地域の気候特性や立地などの条件を勘案して、集熱・断熱保温・蓄熱の3つの建築的な手法を活用しながらプラニングすることが大切です。
(1)日射熱利用の目的とポイント
 ・日射熱の取得利用は、取得熱量増(集熱)、熱損失低減(断熱)、取得熱の有効利用
(蓄熱)をバランスよく用いることで実現できます。地域の気候風土や立地条件などに応じて、それらの手法を上手く組み合わせて用い、室温の変動を小さくすることが大切です。
 ・日射熱を取得する主要な部分はガラス窓の開口部です。ガラス窓は最大の熱損失部位でもあり、開口部面積を大きくすると集熱量が増えるが熱損失も増大するというジレンマが生じます。開口部の方位や大きさに配慮し、熱収支バランスに配慮した開口部使用とすることが大切です。
 ・冬季において、集熱は日中に集中し、熱損失は終日続きます。室温を安定して保つためには、日中から夜間へ熱を持ち越す蓄熱技術が必要です。
 ・日射の取得利用は冬季暖房効果を得る技術ですが、夏季の日射遮蔽による冷房エネルギー削減効果を併せて考え、日射の取得と遮蔽を両立できるように開口部まわりを計画デザインすることが重要です。
(2)省エネルギー目標レベル
日射熱利用による省エネルギー目標レベルは、①地域の気候、②日射障害の立地条件、③開口部の方位、④手法の組み合わせ方、で分類でき、5%から40%の暖房エネルギー削減効果が期待できます。
 ①地域の気候特性:全国を5地域に分類したパッシブ地域区分表
 ②日射障害条件 :周囲の状況により3立地に分類
 ③開口部の方位 :地域区分に関わらず真南から±30°以内であることが集熱上有効。
          真南±15°と±15°~30°の2区分に分類
 ④組み合わせ方 :集熱・断熱・蓄熱の3手法の組み合わせ方で目標レベルが変わります

タイトルとURLをコピーしました