健康維持増進住宅 6 シックハウス

健康維持増進住宅シリーズ 6
シックハウス症候群の実態調査に関する報告をお届けします・
日本においてシックハウス問題が顕著化してから十数年が経過し、
被害の深刻さと社会関心の高さから、2003年7月に建築基準法
が改正され、ホルムアルデヒドを含む建材の使用制限と機械換気
システムの設置が義務付けられました。
健康維持増進住宅委員会では、宮城県内のシックハウス住宅にお
いて、8年間に渡る調査を行いました。調査結果をもとに化学物質
汚染の実態について調査報告が行われました。
①シックハウス住宅で多い室内汚染物質
60軒以上の住宅で調査した結果、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、
TVOC(総揮発性有機化合物)の濃度が高かった。それぞれ一般住宅
の2倍~3倍、ホルムアルデヒドは6倍の濃度が測定された。
②築年数と化学物質濃度
大きな傾向として、化学物質濃度は年とともに減少する。
ホルムアルデヒドは6年程度で指針値、TVOCは2年程度で目標値
に達している。
③化学物質濃度とシックハウス症候群発症の関係
シックハウス症候群を発症した人と自覚症状のない人の住宅における
化学物質濃度の比較を行い、トルエン、キシレン、p-ジクロロベンゼン
濃度が高いことが分かりました。シックハウス症候群の原因としては、
これらの物質が大きく関与しているものと推測でき、問題視されている
ホルムアルデヒドだけが原因ではないことが分かります。
④症状の変化
シックハウス症候群の発症者の追跡調査の結果、自然に症状が改善
方が大半を占め、20%程度の方は症状が持続又は悪化しています。
症状が持続している住宅では化学物質過敏症の疑いがみられ、微量
の化学物質にも反応してしまっていることが推測されます。
症状が改善した住宅でも、新たな家具の持ち込みなどで再発を訴え
る居住者も多く見られます。
⑤シックハウス対策
シックハウス患者宅で行った最も効果が現れやすい対策は「換気」
です。次に「薬品・家具などの除去、持ち込む際の配慮」が効果あり、
その他「空気清浄機」「食事療法、薬の服用」「掃除」などの対策で
効果があがっています。

タイトルとURLをコピーしました