家庭内エネルギーの使用比率

家庭内でのエネルギー使用比率の意識調査を行ったそうです。
そして意識調査と実際の使用比率は大きく食い違っています。
エネルギーを最も多く使っていると思う用途を一般の方にアンケート調査した結果
① 暖房 39%
② 冷房 31%
③ 給湯 16%
④ 家電 13%
の順でエネルギーを多く使用していると感じているようです。
そして実際の家庭内エネルギー消費比率は
① 家電 41%
② 給湯 36%
③ 暖房 21%
④ 冷房  2%
冷房の2%はタイプミスではありませんよ。自立循環型住宅の調査研究の為に
筑波に研究住宅を建設して、一般的な家庭生活を送る中でのエネルギー消費量
を測定した結果です。
照明や家電製品のエネルギー消費が最も多い41%、次に給湯エネルギーで
36%となっています。暖房や冷房は使用季節が限定されますが、家電と給湯は
通年通して使用する為にエネルギー消費量が多くなっているのですね。
省エネといって夏の冷房をいくら我慢してもほとんど効果はないのです。

このように実際の消費エネルギーと正しく理解した上で省エネに取り組むことが大切です。光熱費1/2住宅(自立循環型住宅)の解説シリーズでは、具体的な省エネ対策とエネルギー削減目標などを解説しています。

タイトルとURLをコピーしました