窓の結露と外気温の関係

冬になると窓ガラスにびっしり漂着する結露水。いやなものですよね。結露は住宅にとってもカビの発生や構造体の腐食などの原因となる排除したいものです。窓枠やガラス表面の結露だけでなく窓下の壁内部の結露水が窓下の構造対を腐食させる原因になることもありるので注意が必要。

さて、結露は空気中の水分が冷たいガラス面などで冷やされて付着する現象ですが、これには飽和水蒸気量が関係しています。空気は温度が高いほど飽和水蒸気量(空気中に保持できる水蒸気量)が高くなります。部屋の中に氷で冷やされたコップのように冷たいものを置くと、水蒸気を保持できなくなりコップの表面に付着するという現象が起こるのです。

いや~な感じの窓結露ですが、外気温が何度になると結露するのかって考えたことはありますか?
室内温度20°、外の風速3.5m、室内の空気は自然対流(カーテンやタンスなどで妨げると結露し易い)という条件で、ガラス種類ごとに外気温が何度以下になると結露するのかを計算した結果をお届けします。
ガラスの断熱性能  結露し始める室外温度
(W/m2K)     湿度60% 湿度70%
単板ガラス            6.0      8.8   12.2
複層ガラス(空気層6ミリ)   3.4     -0.6   5.8
複層ガラス(空気層12ミリ)  2.9     -4.1   3.6
Low-E複層ガラス( 6ミリ)  2.7     -6.2   2.0
Low-E複層ガラス(12ミリ )1.9    -17.9  -5.7
上記の結果から、単板ガラスでは毎日結露し、空気層12ミリの普通複層ガラスの場合室内湿度を60%に押えれば雪の降るような極寒でないかぎり結露しない。Low-Eペアガラスを使えばほぼ結露はなさそうということが分かりますね。

我が家は空気層6ミリの普通複層ガラスですが、外気温が0°以下になるような日でない限り結露は出ません。窓結露でもうひとつ考慮しなければいけないのは窓枠です。アルミ一体方サッシでは外気温をそのまま伝達してしまうので、単板ガラス同様に毎日結露が発生します。樹脂で熱を遮断するアルミサッシや樹脂サッシなど、外気温を伝達し難い構造のサッシを使えば結露発生を抑制できます。

タイトルとURLをコピーしました