健康維持増進住宅7 入浴死

健康維持増進住宅

家庭内の事故数で最も多いのは、階段、次いで浴室である。だが不慮の事故死の原因でみると、1位「窒息」2位「溺死」だ。平成19年度における家庭内の不慮の事故死は、総計12415名、そのうち65才以上の高齢者が9683名で78%を占める。同年の高齢者の交通死亡事故死が4050名であることを考えると、高齢者にとっては家庭内の方がより危険ということになる。

入浴中の溺死だけでなく入浴時の心不全等の病死を含めると、全国の入浴死は、推定で年間14000人にも達する。これは大きな問題。WHOの調査によると、日本の高齢者溺死率は欧米諸国の20倍となっている。日本の高齢者入浴死率が高い原因ははっきりしており、居室と脱衣室・浴室の温度差が原因だ。全館暖房を基本とする欧米諸国とは違い、日本は部屋別暖房がほとんどで、全館暖房を行っている家庭は僅か5%、90%以上の欧米と大きな差があるのだ。

暖房設備の無い脱衣室で裸になると、最高血圧は急激に上昇し、熱い湯に入ると驚愕反射により再上昇した後急に下降する。この急激な血圧変動が、脳出血・脳梗塞・心筋梗塞・失神などの原因となっているのだ。

脱衣室・浴室にも暖房を!!

段差や手すりなどのバリアフリーだけではなく、室温のバリアフリーを推進することが重要です。

blog category
健康維持増進住宅
感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

  1. これからの住まいと健康

    健康維持増進住宅シリーズ パート9

  2. 心と体に優しい 木材

    健康維持増進住宅シリーズ パート12
    「心と体に優しい 木材」

  3. 健康維持増進住宅 6 シックハウス

    健康維持増進住宅シリーズ 6
    シックハウス症候群の実態調査に関する報告をお届けします・

  4. 健康維持増進住宅 5

    健康維持増進住宅シリーズ 5
    今日は「アレルギー性疾患と住環境」の関係について解説します。

  5. 健康維持増進住宅 4

    住宅の健康に及ぼす要因

  6. 健康維持増進住宅シリーズ 3

    住宅設計における健康という課題

  7. なぜ今、健康維持増進住宅が必要か

    日本はいま人類の歴史に例を見ない速度で高齢化社会
    へ移行している。病いを治療するのは医療関係者の仕事
    だが、病いを未然に防ぐ健康的な住まいを提供するのは
    建築関係者の責務!!

  8. 家庭内事故、健康維持

    今日は出張先からの書き込みなので写真はありません。
    3泊4日で九州の佐賀に滞在しています。昨日福岡空港へ到着したのですが、
    飛行機の揺れが激しく、特に着陸時に横揺れして肝を冷やしましが無事着陸。
    ま~事故があれば一大ニュースになっているでしょうね。

  9. 健康維持増進住宅シンポジウム

    大成出版社から「健康維持増進住宅のすすめ」が発刊され、その出版記念として開かれたシンポジウムへ参加しました。

  10. 健康維持増進住宅 13 「浴室」

    健康維持増進住宅シリーズ13 
    「浴室のリラックス・リフレッシュ効果」
    日常の入浴は、体を温め結構を促進させる。精神的にもリラックス
    させるなどの効果があります。また、朝の入浴は目覚まし及び
    リフレッシュ効果が高くなります。

  11. 健康維持増進住宅 14 「冷暖房」

    約1カ月ぶりの健康維持増進住宅シリーズです
    「健康な住まいのための冷暖房」

  12. 健康な住まいのための冷暖房 2

    健康維持増進住宅シリーズ 15 
    「健康な住まいのための冷暖房 2」

  13. 健康維持増進住宅 16 ペット

    健康維持増進住宅シリーズ 16 
    「心の健康を支えるペットと植物」

  14. ヒートアイランド現象と健康の関係

    健康維持増進住宅シリーズ 8
    「ヒートアイランド現象と健康の関係」

  15. 健康維持増進住宅7 入浴死

    家庭内の事故数で最も多いのは、階段、次いで浴室である。
    だが不慮の事故死の原因でみると、1位「窒息」2位「溺死」だ。

  16. 健康維持増進住宅 17

    健康維持増進住宅シリーズ 17
    「心の健康を支える植物」

  17. 睡眠と身体活動

    昨日は、京都府福知山の家(重厚和風の家)の工務店さんが
    東京へ来る用事があり、施主と3人で打合せを行うなどして
    過ごしていました。

  18. 睡眠障害の調整方法 光

    昨日のブログで、健康増進には適切な睡眠が不可欠なことが
    分かりました。
    今日から3回にわたり睡眠障害を改善する方法について解説します。

  19. 温熱環境と睡眠の関係

    健康維持増進のためには適度な睡眠が不可欠であること、睡眠障害の
    治療や調整には光が関係していることを紹介してきました。

  20. 健康維持増進住宅 21

    運動や入浴などが、その後の睡眠に良い影響を及ぼす
    ことが示されています。

  21. 健康維持増進住宅 21 「コミュニティと健康1」

    健康維持増進住宅シリーズ 21 「コミュニティと健康 1」

  22. 健康維持増進住宅 23 「コミュニティと健康 2」

    健康維持増進住宅シリーズ 23
    「コミュニティと健康 2」

  23. 健康維持増進住宅シリーズ 24

    健康維持増進住宅シリーズ 24
    「第一回健康維持増進住宅コンペで評価されたこと」

  24. インフルエンザ対策に重要な室内湿度

    昨日は、千葉外房の家の打合せ予定でしたが私の風邪のため
    キャンセルさせていただきました。

  25. 室内温度と湿度の関係

    健康維持増進住宅シリーズ 26
    「室内温度と室ごの関係」

  26. このブログの総目次

    「建築家が考えるLOHASな住まい」 総目次
    (1)光熱費1/2住宅の設計手法
      ・光熱費1/2住宅とはなにか?
      ・光熱費1/2住宅の13要素
      ・自然風の利用技術
      ・昼光の利用技術

  27. 省エネ時代のシックハウス対策

    昨晩、「省エネ時代のシックハウス対策」の講演を聞いてきました。
    講師は早稲田大学教授の田辺新一さんです。環境工学がご専門
    でシックハウス法作成にも関わった方です。

  28. 健康維持増進住宅 28

    健康維持増進住宅シリーズ 28 「断熱住宅と健康の関係」

  29. エコハウスの真実 35 Q値と暖房システムの関係

    エコハウスの真実 35 Q値と暖房システムの関係

タイトルとURLをコピーしました