光熱費1/2のエコ住宅 太陽熱給湯

光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
太陽熱給湯について解説します。
太陽熱給湯システムは多額のイニシャルコストが必要ですが、それをランニングコストの低減によってまかなうことは十分可能で、省エネルギーの観点からは有効な手段です。

(1)イニシャルコストの回収年数
太陽光給湯システムは一般的なガス給湯に比べて年間3.1万円のコスト削減を見込めます。機器設置費を53万円と仮定して試算すると、改修年数は17年となります。

(2)太陽熱給湯機の種類と目標レベル

太陽熱給湯は大きく分けて「太陽熱温水器」と「太陽熱給湯システム」の2つの方式があります。
①太陽熱温水器→エネルギー削減目標 10%
屋根上に集熱パネルと貯湯タンクを設置〈俗称:朝日ソーラー)設置費は20万程度ですが、通常のガス給湯等の併設が必要

②太陽熱給湯システム→エネルギー削減目標 30%
屋根上の集熱パネルと地上貯湯タンク及び給湯機を組み合わせたシステム。設置費は50万円程度です。

(3)計画・設計上の配慮
・屋根上の集熱パネルは極力南面させ、水平面に対し30~60°の範囲内で設置する。
・集熱パネル、貯湯タンク、給湯機相互の距離はなるべく短くする。
・貯湯タンクは一般的に屋外に設置されるが、断熱保温性を考えると駐車場などの屋内に設置するほうが望ましい。

タイトルとURLをコピーしました