光熱費1/2のエコ住宅 日射遮蔽手法 1

 

久しぶりに「自立循環型住宅」の解説シリーズ
日射遮蔽手法について解説します。この項も内容が濃いので3回ほどに分けてUPしていきますね。
自立循環型住宅の13要素解説シリーズもようやく半分まできました。
日射遮蔽は、夏季・中間期において建物内に侵入しようとする日射を上手に遮ることにより、冷房エネルギーの削減と快適性の向上を実現sるう技術です。冬季の日射取得との両立をはかり、通風利用や中高利用を損なうことのないように計画することが大切です。

(1)日射遮蔽の目的とポイント
① 冷房エネルギーを削減する
日射遮蔽の目的は、文字どうり日射を遮蔽することにより、室内に流入する日射熱を低減させ、冷房エネルギーを削減すること。
②室内を涼しく保つ
日射遮蔽を効率よく行うには、建物各部位の方位特性に配慮する必要があります。日射熱の流入を抑制すれば、室温の上昇を抑え内壁面等の表面温度の上昇を抑えることが可能となります。
③方位による日射量の違いを理解する
夏季→屋根などの水平面で大きく、垂直面は東西面のほうが南垂直面より大きくなります。
④ガラス面とガラス面以外
言うまでもありませんが、窓ガラスのような透明部位のほうが不透明部位(屋根・壁)よりも極めて大きな日射量となります。
ガラス面には室内ではなく室外で遮蔽することが有効です。屋根や壁は断熱化や白系統の屋根・外壁仕上げとすることなどが日射遮蔽対策となります。

今日はこの辺で止めておきましょう。パート2で「目標レベル」
パート3では「具体的な日射遮蔽手法」について解説します。

タイトルとURLをコピーしました