土地を購入したときの税金

○得 土地・建物の税金ガイド シリーズ5
「土地を購入したときの税金」について解説します。
土地を購入すると、印紙税・登録免許税・不動産取得税などがかかります。
3000万円の土地を自己資金1000万円、ローン2000万円で取得
した場合の税金をシュミレートしながら解説しましょう。
①印紙税
・土地の売買契約書→1.5万円(H23.3.31まで、本則2万円)
・金銭消費賃貸契約書→2万円(1千万~5千万のローンの場合)
②登録免許税
・土地の所有権移転登記→21万円
(固定資産税評価額(または購入価格×0.7)×税率1%)
・抵当権設定登記→8万円
(債権金額×税率0.4%=2000万円×0.4%)
③不動産取得税
土地購入から3年以内に延べ床面積50m2以上240m2以下の住宅
を新築する場合は不動産取得税の軽減措置により→0円
軽減措置を受けない場合
購入価格×0.7×1/2×3%=31万5千円の税金がかかります。
上記合計で3000万の土地を取得した場合の合計税額32万5千円
ということになります。
雑学ですが、印紙を貼らなかった場合、印紙税額の3倍の過怠税を
課せられますよ。
最後に、税金以外の諸費用として、仲介手数料がかかる場合がありま
すよね。通常の仲介手数料は下式で算出できます。
(売買価格×3%+6万円)×消費税5%=100万8千円
仲介手数料は意外と高いんです。土地の売買には消費税はかかりま
せんが、仲介手数料には消費税がかかります。

タイトルとURLをコピーしました