換気設備計画

 

光熱費1/2住宅(自立循環型住宅)シリーズ
「換気設備計画」の省エネ手法を紹介します。平成15年の建築基準法改正により、すべての住宅でシックハウス対策としての機械換気設備の導入が義務付けられました。
(常時開放された開口が15cm2/m2以上あれば機械設備不要)
この機械換気に要するエネルギーをいかに節約するか、また機械換気により生じる冷暖房負荷をいかに低減させるかかが、換気設備計画の省エネ技術です。


(1)ポイント
・水回り等の局所換気はシックハウス対策の24時間換気に比べはるかに換気量が大きいので、適切な計画が必要。
・冬季の室内外温度差を利用した温度差換気を効果的に利用すれば、機械換気で消費するエネルギーを削減できます。
・換気は外気温度の空気が室内に流れ込むので、住まい手に直接外気が当たらない工夫をすることで快適性を維持できます。


(2)目標レベル
換気設備計画の省エネ目標レベルは30%~60%です。各目標レベルは、それに見合った換気設備計画手法を採用することで達成できます。

すみません。時間切れのため続きは後日加執しますね。

タイトルとURLをコピーしました