換気設備計画つづき

光熱費1/2住宅(自立循環型住宅)シリーズ
「換気設備計画」の省エネ手法のつづきをお届けします。平成15年の建築基準法改正により、すべての住宅でシックハウス対策としての機械換気設備の導入が義務付けられました。
(常時開放された開口が15cm2/m2以上あれば機械設備不要)
この機械換気に要するエネルギーをいかに節約するか、また機械換気により生じる冷暖房負荷をいかに低減させるかかが、換気設備計画の省エネ技術です。


(1)ポイント
・水回り等の局所換気はシックハウス対策の24時間換気に比べはるかに換気量が大きいので、適切な計画が必要。
・冬季の室内外温度差を利用した温度差換気を効果的に利用すれば、機械換気で消費するエネルギーを削減できます。
・換気は外気温度の空気が室内に流れ込むので、住まい手に直接外気
 が当たらない工夫をすることで快適性を維持できます。
(2)目標レベル
換気設備計画の省エネ目標レベルは30%~60%です。各目標レベルは、それに見合った換気設備計画手法を採用することで達成できます。
(3)換気設備方式の種類
換気設備方式には、給排気を機械的に行う第一種、給気を機械的に行う第二種、排気を機械的に行う第三種と、給排気のどこに機械的な強制換気を行うかで三種類の換気方式があります。さらに給排気を家全体一括で行うか個別居室ごとに行うかにより、細かく分類されます。これら換気システムの採用時に、換気方式ごとに適した省エネルギー手法を使ってエネルギー削減を目指すのです。


(4)換気設備計画の省エネルギー手法
①手法1(ダクト式換気システムの適正化手法)
 ダクトを使用する換気システムの場合、ダクト長さと曲がりを減らす事
 が重要です。ダクト長さと曲がり箇所数を半減させれば、1ランク能力
 が低いファンを選定することができ、消費電力は3割削減できます。
②手法2(高効率機器の導入)
 換気機器のモーターにはACタイプ(交流)とDCタイプ(直流)の2つの仕様があります。省エネモーターであるDC仕様とすることで、AC仕様と比較して消費電力を半減できます。1日24時間運転させた場合、1年間で約3500円減額できます。また、同じAC仕様モーターでも最新の製品と交換すれば40%の消費電力を削減できます。(1996年→2004年製品へ交換の時)電気代で1100円の削減となります。

③手法3(ハイブリット換気システム)
 ハイブリット換気システムとは室内外の温度差を利用する換気方式で、温度差の大きな冬季にはファンを止めて自然換気させ、中間期や夏季に機械換気を利用します。10%程度消費電力を削減できます。
④手法4(換気システムの簡略化)
 第三種換気方式(排気にのみに送風機を利用)とすることで、第一種換気方式(給排気送風機)に比べ消費電力を30%削減できます。


(5)一般的な注意点
①台所の換気扇には、同時給排気型の換気扇を用いるか専用の給気口
 を設置する。また、停止時にはシャッターなどで閉鎖できるシステムの換気扇を選択することも重要です。
②24時間換気設備は、メンテナンスし易い位置に設置することが望ましいです。清掃せずに換気扇を使用していると、1年間で10%の能力低下があると考えてください。3年清掃しないと30%低下します。バルコニーなどから清掃できる位置にファンを設置しましょう。
③電気式気密シャッター付機種
 電動式のシャッターが付属している機種は、開放中でもシャッターを空ける為の電力が必要です。シャッターの無い機種と比べて消費電力が2倍近くに達します。24時間換気用換気扇にはシャッターの無い機種を選びましょう。
④給気口位置
 冬季、給気口からは冷気が入りこみます。(コールドドラフト)給気口を高い位置に付けたり、人にコールドドラフトが当たらない場所に設置するなどの注意をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました