エコロジーな家づくり

感共ラボの森の家づくり「マゴコロハウス」
~陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり~
Ma→外部と内部の中間領域、間(半屋外空間)
c→コンパクト(豊かに暮らす小さな家)
O→オープンプラン
e→エコロジ―(自立循環型住宅)
H→健康維持に配慮した家づくり
Ma+C+O+ECOLOGY
→MACOCOLO
→真心ある家づくり、時代に流されない本物の住宅
→マゴコロハウス
今日は「e」エコロジー、省エネ住宅技術について説明しましょう。
気温10℃の冬の日でも陽当たりのよい縁側は暖かく、真夏の昼間
でも風通しの良い木陰はそれほど暑さを感じない。私の理想はこうし
た自然環境を家の中で実現することです。
そんな環境創造のために必要な指針が自立循環型住宅への設計
ガイドラインです。今すぐ出来る技術を用いて、住居時のエネルギー
消費を半減することが出来ます。つまり光熱費が1/2になる技術です。
そして、消費エネルギーを削減しながら快適な住空間をつくるために
必要なのが住環境を具体的数値で評価しながら設計する手法です。
住宅の断熱性能や日射取得性能を計算しながら、省エネルギー性能、
2:経済性能、3:環境性能の3つで住環境を評価しています。
自立循環型住宅の詳細説明は下記ブログをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました