光熱費1/2住宅 給湯設備計画①

光熱費1/2の省エネ住宅(自立循環型住宅)シリーズ
前回の換気設備計画を掲載したのが6月23日だったので1カ月以上間が空いてしまいました。いかに忙しかったかが分かります。
今日は給湯設備計画のお話です。


(1)ポイント
・給湯エネルギーが住宅全体のエネルギー消費に占める割合は1/3程度もあります。給湯設備システムの省エネルギー計画の重要性が高いといえますね。
・給湯設備は、熱源・配管システム・給湯栓の3つで構成されます。戸建て住宅に採用される熱源は、ガス・石油・電気・太陽熱の4種類。気象条件や世帯構成と使用状況などの諸条件に応じて適切な熱源方式を選択し、できるだけ効率の高い給湯設備を導入することが有効な対策です。
・建設コストの問題はありますが、太陽熱給湯システムを採用すれば省エネルギー効果を格段に高めることだ可能です。


(2)目標レベル
 目標レベルは10%~50%のエネルギー削減です。給湯システムと省エネルギー効果の関係を次に示します。
 ・太陽熱温水器(俗に言う旭ソーラー)→10%
 ・太陽熱給湯システム         →30%
 ・潜熱回収型ガス給湯(エコジョーズ)→15%
 ・ヒートポンプ式給湯()→30%
 ・配管や浴槽の保温措置       →10%

上記のシステムを併用設置するとこで最大50%の省エネ効果となります。


(3)給湯設備計画の選択要件
①立地条件
 太陽熱給湯を採用するには、将来にわたり日照が確保できるかが重要です。
②都市ガス供給地域かどうかで採用すべき熱源に制約が生じます。
③水道圧力
 ポンプが付属していない給湯器では、浴室を2階に設置できない場合があります。
④設置スペース
 貯湯タンクが必要なシステムの採用は、タンクの設置スペースの有無が重要な条件となります。
⑤世帯構成
 単身や夫婦のみの世帯など、湯の使用量が少ない場合には、ガス瞬間式給湯機が適していると言えます。
⑥給湯箇所が多く、かつ同時使用率が多い場合は、高い能力の給湯器が
 必要です。
今日はここまで、給湯設備後半は後日お贈りします。

タイトルとURLをコピーしました