光熱費1/2のエコ住宅 給湯設備計画2

光熱費1/2のエコ住宅(自立循環型住宅)シリーズ
今日は給湯設備計画の後半です。
(4)給湯設備計画の省エネルギー手法
①太陽熱温水器の採用
太陽熱給湯を参照ください
②太陽熱給湯システムの採用
太陽熱給湯を参照ください
③高効率給湯機(ガス式)の導入
潜熱回収型ガス給湯器、エコジョーズを採用すれば15%の省エネルギー効果があります。従来型ガス給湯機の熱効率が80%なのに対し、90%の熱効率を実現しています。従来捨てていた排気ガスの熱を回収して水道水の予熱に用いることで実現しています。

④高効率給湯機(電気式)の導入
自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機、エコキュートを採用すれば30%の省エネルギー効果があります。テレビでも盛んに宣伝しているのでご存じの方も多いことでしょう。
加える電気エネルギーを100とすると400%効率で給湯し、タンクや配管からの放熱ロスを差し引いても最終的に300%の熱効率となります。ただし発電所からの送電ロスを計算に加えると、投入エネルギーは270に相当するので、(300/270)×100=111%になります。

(5)給湯設備各部の省エネルギー設計・工法等
①給湯方式には従来の先分分岐方式とサヤ管ヘッダー方式があります。
サヤ管ヘッダー方式は配管径を細くすることができるので5%程度の省エネルギー効果があります。ただしイニシャルコストは高くなります。

②給湯配管経路を短くすると残湯量が減るので給湯効率が向上します。

③配管の保温、浴室・浴槽んの保温も省エネルギー効果があり、また住人の快適性や健康性も向上させることができます。

④節水型のシャワーや給湯栓の採用も省エネ効果があります。

タイトルとURLをコピーしました