光熱費1/2にエコ住宅 照明設備2

光熱費1/2のエコ住宅(自立循環型住宅)シリーズ
「照明設備計画 2}
(3)照明設備計画の設計手順
照明エネルギー消費を削減させるためには、前述した3つの手法をうまく組み合わせた計画とする必要があります。設計手順を説明します。

①空間での行為の確認
必要とされる光環境を考える際、各空間で行われる行為を時間別に考える必要があります。このとき、住まい手の年齢や視覚能力も考慮にいれます。

②基本となる必要照度の確認
各空間で行われる行為に対し必要とされる照度(ルクス[lx])を決定します。あくまで目安ですが各行為に対する適正照度がありますのでここで紹介しましょう。
・居間(団らん)→200lx
・居間(読 書)→500lx
・勉強(子供室)→750lx
・台所(調理台)→300lx
・玄関(靴ぬぎ)→200lx
・便所、廊下 →100lx

本来は照度計算をして照度分布図を作成して確認しべきですが、住宅の場合はそこまで厳密に考える必要はありません。住まい手の好みや環境によって大きく変わるからです。簡易的には蛍光ランプ照明器具のW数の合計が、

【10W/畳×畳数】
になるよう計画すれば問題ありません。白熱電球の場合はW数を
1/4にして計算します。上記の計算式を満たすよう設定すれば、床面で100ルクス程度が得られます。

③住まい手の変化による必要照度補正
視覚能力は加齢とともに低下します。高齢者の場合は、照度基準値の1.5倍程度が望ましいとされています。

④照明配置計画と器具の設定
各行為が行われる位置を想定し、必要照度が得られるように照明の位置を決めます。将来の家具移動も考えられるのであまり厳密に考えるのではなく、明るくすべきエリアと必要のないエリアといったように大きく空間分けして、それに応じた照明配置をしていきます。

光環境を検討する上では、行為に応じた機能的な照明だけでなく、照明がつくりだす雰囲気にも配慮しましょう。壁面を明るくすることで部屋全宅の明るさ感を高めることが可能ですし、低位置照明を採用することで落ち着きある空間とすることができます。内装材の色調・反射率によっても、明るく感じたり暗く感じたりしますので、器具の形状や内装材にも気を配る必要があります。

⑤制御方法の検討
各行為に適した照明パターンを実現できる制御方法を検討します。調光が必要か、人感センサーが必要か、照度センサーが必要かなどを考えて制御方法を決定します。

⑥安全性の確認
階段や段差がある部分の安全性には特に注意しましょう。明るさを確保するだけでなく、立ち位置によって足元が暗くならないよう注意します。照度を十分確保しても、明るい場所から暗い場所へ移動すると見えにくくなることもあるので、そうした導線には段差のない計画とすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました