人感センサー、照度センサー

光熱費1/2のエコ住宅(自立循環型住宅)シリーズ 20
「照明設備計画 4 運転・制御による手法」
(4)運転・制御による手法
こまめな照明のオン・オフや調光は、省エネルギーに直結します。ただし、住まい手の手動に頼るより、自動制御システムの導入を検討しましょう。

①制御方法の種類
制御方法には、下記に示すような様々なタイプがあります。
・調光スイッチ →省エネルギー効果 小
・リモコン    →省エネルギー効果 小
・タイマー    →省エネルギー効果 小
・人感センサー →省エネルギー効果 中
・照度センサー →省エネルギー効果 中

②人感センサーの設計例
玄関、勝手口など人が通過したときだけ点灯させたい場所に人感センサー対応機器を設置することが多いです。一般に、人感スイッチは照度センサーを内臓していますので、昼間の明るい時間帯は作動しないような設定が可能です。失敗例として、トイレに設置したケースを紹介します。トイレに人感センサー機器を設置して、長時間便器に座っていると消灯してしまうという事がありました。

③照度センサーの設計例
玄関ポーチ照明にタイマー内臓型の照度スイッチ機器を設置する事が多いです。暗くなると点灯し、6時間後に消灯させるというような制御が可能です。
また、現在ではコスト高から現実的でありませんが、リビングやキッチンに照度スイッチ機器を導入することも検討に値します。将来安価な昼光利用システムが開発されることを期待しましょう。今日はここまで、次回は照明設備計画の最後、設計による手法をお届けいたしますね。

タイトルとURLをコピーしました