重厚和風の家 木製ドア

京都府福知山の家(重厚和風の家)の木製ドアを検討中です。竹を編んだ伝統的下地材である「小舞下地」や土壁など、本格的伝統工法と次世代省エネ基準の断熱仕様の家です。ドアも張りぼてのドアではなく、無垢材の框戸が施主の希望です。框戸はいいのですが値段がフラッシュ戸の3倍くらいします。

なんとかローコストで無垢材框戸を使用できないか?

インターネットで探し回って、見つけました。
1枚1万5千円程度の格安框戸です。
質感を確かめるため、施主に1枚購入してもらい届いたのが写真のドアでうす。節は大目ですが、間違いなく杉無垢の框戸です。濃いめの色で着色すれば節も気にならなくなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました