京都福知山の家、内部下地工事

小舞下地

京都福知山の家は屋根瓦工事が完了し、内部下地工事が進んでいます。
外部、内部ともほとんどの仕上げは漆喰です。
外周壁の下地は竹を編んだ小舞下地ですが、間仕切り壁はラスボード下地。
仕上げ前に、柱や梁を焦げ茶色に着色済みなのが分かるでしょうか。
白漆喰とのコントラストが美しくなることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました