大きな船底天井のある家 設計契約

昨日、大きな船底天井のある家の基本設計打合せを行い、
設計監理契約をいただきました。今年2軒目の契約となり
ました。
打合せの内容は、室内外パースと仕上げサンプルを使って
色彩と質感の確認を行いました。写真赤茶色に着色してあ
る下がり天井と既存鉄骨部分の色を変えたパースを3枚用意
して色の確認をしていただきました。
下がり天井は麦わらボードに弁柄を塗り拭き取る作業を2回
~3回繰り返し、麦の模様を残しながら赤茶色に着色していく
予定です。
余談ですが、弁柄は日本で古くから使われている塗料です。
土を主原料とした、いわゆるアースカラーで、人工的な塗料
ではないので派手な色なのに柔らかさがあります。魔除け
になると言われていて神社などでも使われています。

タイトルとURLをコピーしました