横浜市中区の大規模リフォーム 基本設計修了

大きな船底天井のある家、基本設計が終了しました。
昨日、基本設計最終打合せを行い、未定だった壁材のサンプル
と建具仕上げを決定しました。
壁材は高千穂の薩摩中島壁、通称シラス壁を採用します。
シラス壁は、100%自然素材・消臭・調湿・空気清浄化などの
機能を持つ左官材です。
高千穂HP:http://www.shirasukabe.com/satsuma/index.html
LDKと和室の仕切りとなる3枚吊戸の仕上げは、検討していた
SOUL WOODの採用を止め、白系統の仕上げとすることに
なりました。SOUL WOODは他にはない天然木の表情で、
いつか使ってみたい建材です。
SOUL WOODの紹介ブログ:http://morikentiku.at.webry.info/201103/article_29.html
吊戸を閉めた状態と開けた状態のパースで検討しました。

タイトルとURLをコピーしました