エコロジー用語解説  「温室効果ガス」

エコロジー用語解説シリーズ  「温室効果ガス」
そもそも、温室効果ガスとは何なのか?正確には答えられな
かったので調べました。
温室効果ガスとは、太陽からの熱を地球の表面に閉じ込めて
しまう効果のあるガスのこと。地球温暖化の主な原因とされて
いる。
京都議定書で削減対象とされた温室工がガスは6種類ある。
二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、
ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、
六フッ化硫黄(SF6)の6種類だ。
近年の研究では、人為的に排出されている温室効果ガスの中
では二酸化炭素の影響量が最も大きいと見積もられていて、
電力需要を抑えることが温暖化防止への効果的な対策とされている。

タイトルとURLをコピーしました