光熱費1/2のエコ住宅 43 断熱仕様の設計2

光熱費1/2のエコ住宅(自立循環型住宅) 43
「断熱仕様の設計 2」
光熱費1/2住宅を設計するとき断熱性能の向上が不可欠です。
断熱性能の向上は暖房エネルギーを削減し快適性も良くなります。
■断熱性能を向上させるメリット
①暖房エネルギー消費量を低減
断熱性をあげると単位面積当たりの暖房費が半分になります。
②自然室温を上昇させる
暖房していない室の温度があがります。また夜暖房を切ってか
ら明け方までの温度低下が小さくなります。
冬季、最低気温時の外気温と暖房していない部屋の室温温度差
が実験で示されています。
一昔前の断熱性能→4度
次世代省エネ基準→6度
次世代+開口部補強→7度
③暖房室と費暖房室の温度差と上下温度差が小さくなる
暖房している部屋としていない部屋の温度差も実験で示されています。
一昔前の断熱性能→5度程度
次世代省エネ基準→4度程度
次世代+開口部補強→3度程度
④体感温度が向上する
体感温度は室温と表面温度を足して2で割った値であることは
以前のブログで解説しましたね。断熱性能が上がると床・壁・天井
の表面温度が上がりますから結果的に体感温度が向上します。
夏は逆に断熱していない床・壁・天井よりも断熱性能の高い床・
壁・天井の温度が低いので、体感温度も低くなり涼しく感じます。
⑤疾病し難くなる(病気しにくくなる)
私のブログ、健康維持増進住宅で報告した通り、断熱性能が
上がると様々な病気の疾病率が下がります。風邪、気管支系、
手足の冷え、肌のかゆみ、アトピー性皮膚炎、鼻炎、結膜炎など。
詳しくは健康維持増進住宅ブログをご覧ください。
■断熱性を向上させるデメリット
①夏季、室内の熱が逃げにくくなる
断熱性が上がると当然熱が逃げにくくなります。この対策として、
そもそも日射を入れない日射遮蔽対策や計画的な通風が必要。
②内部結露のリスクが上がる
断熱性能が上がると、室内の温度が外壁側に伝わりにくくなる
ので外壁側の温度が低下します。結果として結露リスクが上がる
のです。
この対策は理論的・技術的に確立されていますので、後日ブログ
で解説しましょう。
断熱仕様のお話をしようと思い始めたのですが、断熱性能向上の
メリットとデメリット解説が長くなってしまいました。具体的な断熱仕様
のお話は後日お話することにします。

タイトルとURLをコピーしました