光熱費1/2のエコ住宅 断熱仕様の設計 3

光熱費1/2のエコ住宅(自立循環型住宅) 44
「断熱仕様の設計 3」
■断熱設計はQ値計算とのバランスで決定する
断熱設計は家全体における熱の逃げやすさの指標である
Q値(熱損失係数)を確認しながら検討する。これが基本です。
Q値の定義
「建物の内部と外部の温度差を1度としたときに、建物内部から
外部に逃げる時間当たりの熱量を床面積で割った数値」
なぜQ値での確認が必要なのか?
各断熱材の断熱性能を示す熱貫流率や熱抵抗値はカタログを
見れば分かります。しかし同じ断熱材を使っても家全体の断熱
性能は家の形状で変るからです。
床・壁・天井(屋根)の各断熱仕様と開口部の断熱性能から家
全体のQ値を確認しながら検討することが大切です。
■外断熱か、充填断熱か
10年前、どちらの断熱がよいかという一大論争がありました。
最近は各工法への理解が進み落ち着いています。それぞれに
長所と短所があり、短所を補う方法も確立しています。
大切なのはそれぞれの弱点を理解し、それを頭に入れた上で
設計・施工を行う事なのです。
■具体的な断熱仕様
具体的な断熱仕様は、「次世代省エネ基準」の仕様規定で定め
られているバランスを基本とします。仕様規定は、日本全国寒暖
に応じた地域区分で分割し、各地域の必要断熱厚さを規定して
います。
この仕様規定では、壁よりも天井(屋根)の必要断熱厚さが厚く、
天井(屋根)には壁の倍近い厚みの断熱材が必要とされていま
す。天井(屋根)は夏の日射遮蔽が必要なことから厚くなっていす。
裏を返せば、断熱材以外で日射遮蔽していれば壁と同じ厚みでも
断熱性能は確保できるということです。屋根の上にウッドデッキや
太陽光発電パネルがあり日射遮蔽していれば壁と同厚でも十分
な断熱性能が確保できます。
今日はここまで
次回は具体的な断熱材別の厚みや施工費について解説します。

タイトルとURLをコピーしました