建築家が考える光熱費ゼロ住宅

昨日のハウスココンペ提出に続き、もう一件住宅提案書を作成中です。藤沢の業者に提案する企画住宅プランで、「建築家が考える光熱費0(ゼロ)住宅」と題した提案です。


概略プランを作成し断熱材と窓仕様を仮り決め、日頃行っている住環境数値評価と光熱費を算出します。次に窓の大きさや庇の出を検討しながら造形デザインも整理していきます。最後に断熱材・窓仕様・造形デザインを調整しながら光熱費がZEROになる住宅を完成させます。


間違ってはいけないのは、断熱材や窓仕様、窓の大きさや庇の出幅を企画化すればいいという簡単なものではない事です。住宅1軒1軒立地条件が異なりますので、南北角度と風向きを検証しながらその立地で最適な解決方法を模索しなくてはいけません。


そしてもう一つ、光熱費を0にする事が目的ではなくて住環境と造形デザインを共に高める設計手法だということを忘れてはいけません。これはハウスメーカーには出来ない設計手法なので、タイトルを「建築家が考える~」としたのです。提出は今日の夜まで、ラストスパートでプレゼン資料を作成中です。

光熱費0(ゼロ)住宅の考察ブログ目次

タイトルとURLをコピーしました