エコハウスの真実 16

エコハウスの真実シリーズ 16
「吹抜けに適した冷暖房機」
今日は吹抜けに適した冷暖房機について考えてみよう。
吹抜けは天井高さが高く開放感や豊かな空間を得られるという理由
で採用される。エコハウスでも上階からの日射を得て上下換気が可能
となることから必須アイテムと言える。
この吹抜け空間、冷暖房効率という点ではやっかいだ。
暖房と冷房を分けて考えてみよう。
(1)暖房
・エアコン→暖気が上に上がり吹き出し空気が床面に届かない
・ファンヒーター→吹き出し温度が高くエアコン以上に上下温度差が高い
・床暖房→温度ムラが小さく快適だがエネルギー効率が悪い
(2)冷房
・エアコン→冷気が下階にとどまり上階はまったく冷えない
ご覧いただけば分かるように、それぞれ長所と短所があり、吹抜けには
この冷暖房機で決定というようなものはない。プロペラファンと組み合せ
たり、冬は吹抜けを仕切って暖気が上がらないようにする、全室24時間
暖房で温度差を無くす、などの対策が必要。
それぞれの長所短所を知り、イニシャルコストとランニングコストを計算
して選定するしかないのだ。

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました