エコハウスの真実 18 Q値・μ値って何だ?

エコハウスの真実 18
昨日は熱損失係数Q値と日射取得係数μ値が分かれば冷暖房費を
計算できるというお話をしました。
そもそも熱損失係数Q値とは何でしょうか?μ値とは何でしょうか?
Q値の単位は「W/m2K」、μ値に単位はありません。
Wは熱の早さ、Kは温度(≒℃)です。熱損失係数を分かりやすく言い換えると、
「内外温度差が1度のとき、床面積1m2当たりで逃げていく熱量」です。
国が定めた次世代省エネ基準では関東地方など比較的温暖な地域の
熱損失係数は2.7W/m2K です。計算で2.7以下であることを証明
すればよいのですが、全ての住宅が計算するわけではないので、断熱材
の仕様を厚みを定めた仕様規定というものもあり、仕様規定通りに施工
すれば計算なしで次世代省エネ基準を謳うことも可能です。
じゃあ~計算必要ないじゃん。と思う方もいるかもしれませんが、大開口
住宅では仕様規定通りに断熱施工してもQ値2.7を確保できないことも
あります。事実、私の自宅は次世代省エネ基準の仕様規定で断熱施工
しましたが、Q値計算すると3.52W/m2Kです。
やはり計算で確かめることが重要なのです。
μ値は建物に侵入する日射熱量の割合で、壁・天井が無い時に侵入する
熱量を100とした場合にこの建物には何割の熱量が入ってくるかを示す値です。
次世代省エネ基準の比較的温暖地域の基準は0.07です。壁・天井が
無い場合の7%まで日射熱量が入ってもよいよという基準です。
次回はQ値とμ値を使って具体的に冷暖房費を計算する予定です。

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました