エコハウスの真実 37 自宅の湿度実測分析

画像

昨日の温度実測分析に続き今日は湿度実測分析をしましょう。
添付は今年の夏8月14日と15日に実測した我が家の湿度です。
赤棒→2階リビング
赤棒→1階寝室
青点線→外部湿度(気象庁・横浜気象台データーからプロット)
データーは相対湿度です。湿度には相対湿度と絶対湿度があることを
ご存知でしょうか?
絶対湿度は空気中に含まれる水蒸気の量、相対湿度は水蒸気量をその温度
の飽和水蒸気量で割ったものです。空気中に保てる水蒸気量は温度が上がる
ごとに増します。現状を温度で保つことのできる水蒸気量を100としたときに
現在空気中に含まれる水蒸気量が50だったときに相対湿度は50%となります。
温度が上がるほど保てる水蒸気量が増える。この特性から高い温度の中に
低い温度の物体があるとそこに結露するという現象が起きるのですね。
さて、我が家の湿度を観察しましょう。
まず驚いたのは外部の湿度が90%まであがっていることでした。夏の深夜帯
はこんなにも湿度が高いのですね。
室内の湿度は外部の湿度を緩やか〜に追随するような曲線を描いています。
ガクンと落ちているのはエアコンを稼働させた時間ですね。エアコンを稼働させ
ると室内機フィルターに付着した結露水を外部に排出するので湿度が下がります。
湿度的に見ると我が家は45%〜65%という快適域にあることがわかりました。
内部仕上げにクロスなど一切使わず、柱や梁も剥き出しという内部構成で湿度
を調整してくれている証拠ではないかと思います。
我が家では夏でも真夏でも洗濯物を室内干しして次の日の朝には乾いている
と妻は喜んでおります。
■エコハウスの真実
1.住まいは夏を旨とすべし? 1
2.住まいは夏を旨とすべし? 2
3.ハウスメーカーの取り組み
4.ハウスメーカーの取り組み 追記
5.設計事務所の省エネ住宅1
6.設計事務所の省エネ住宅 2
7.設計事務所の省エネ住宅 3
8.設計事務所の省エネ住宅 4
9.工務店のエコハウス
10.空気は熱を運ばない
11.気密が必要な理由 1
12・気密が必要な理由 2
13.気密が必要な理由 3
14.気密が必要な理由 4
15.気密が必要な理由 補足
16.吹抜けに適した冷暖房機
17.冷暖房費を知るには
18.Q値とμ値って何?
19.Q値から暖房費を算出する 1
20.Q値から暖房費を算出する 2
21.μ値から冷房費を算出する
22.大開口の注意点
23.通風の効果
24.自立循環関東ゼミ 発表資料作成
25.自宅のQ値分析
26.Q値と温熱環境の関係
27.自宅のμ値分析
28.自宅のμ値と冷房費の関係
29.自宅のエネルギー性能
30.自宅の光熱費分析1
31.自宅の光熱費分析2
32.自宅の光熱費分析3
33.自宅の省エネ改修計画
34.自宅を次世代省エネ基準とするには
35.Q値と暖房システムの関係
36.この夏、自宅の温度実測結果
37.この夏、我が家の湿度実測結果
■ブログ目次■
ブログ総目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/hobby/blog.html
進行中物件の目次 : http://moriken.p1.bindsite.jp/works/worksblog.html
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住人にやさしい家づくり
光熱費1/2のエコ住宅シリーズ
健康維持増進住宅シリーズ
土地・建物の税金ガイドシリーズ
敷地検討時の耳より情報シリーズ
断熱・気密など住環境関係情報
新アトリエ建設プロセス
住宅建設コスト解説
陽だまりと木陰で暮らす、地球と住民に優しい家づくり【マゴコロハウス】
一級建築士事務所 森建築設計:http://moriken.p1.bindsite.jp/
【省エネ・エコ住宅の設計手法】住環環境を具体的数値で評価する設計手法
神奈川県川崎市中原区等々力17-5 tel:044-744-1596
メールアドレス : morikentiku-mori@hkg.odn.ne.jp

タイトルとURLをコピーしました