エコハウスの真実 スマートハウスは必要か 2

画像

昨日に続きスマートハウスについて考えよう。
LIXIL(リクシル)という会社をご存じでしょうか?
堤真一さんと木村多江さんのCMで認知度も高まっているのかどうか分かりませんが、LIXIL(リクシル)は、トステム、INAX、新日軽、サンウェーブ工業(製造部門を除く)、東洋エクステリアが統合して2011年4月に誕生した会社だ。話は脱線するが、この「LIXIL(リクシル)って何?知ってる?」CMは新たな俳優陣を加えてシリーズ化している。松下奈緒さん、満島ひかりさん、矢作兼さんを加えた新CMが発表されている。
ソフトバンクのシリーズCMを筆頭に、大和ハウス、東京ガスなど楽しめるシリーズCMが話題となっています。私自身CM戦略にまんまと乗せられておりますな。
さて、リクシルのスマートハウスに話を戻しましょう。
同社は東京大学生産技術研究所、LIXIL住宅研究所、アイフルホームカンパニーと共同で、東京大学駒場IIキャンパス(東京都目黒区)内に実験住宅「COMMAハウス(コマハウス)」を建設。2011年8月に実験を始めた。
延床面積は93.31m2で、「いえ」「もの」「情報」「ライフスタイル」を統合して、快適性や省エネ性のほか、持続可能エネルギーを最大限に利用することを目指し、2016年3月まで様々な実験を行う予定だ。
建物本体は南面をダブルスキンとし気密性、断熱性、耐震性に優れている。設備は太陽光発電システムや太陽熱利用機器、LEDや有機ELによる省電力照明、そしてセンサーやITを活用して住宅のエネルギー管理を行うHEMSを備えている。外付けの可動ルーバーを設置するなど、風や光、熱をコントロールできるような工夫が凝らされている。
COMMAハウスは、実験段階とはいえ、様々なメーカーや異業種の機器を協調運用することにより、オープンなシステムの構築や、蓄積したデータを活用して、住み手を巻き込んだライフスタイルの提案なども目指している。また、家電や空調設備、建築の関係者が連携して、住宅全体の快適性や意匠性を追求しているのも特徴だ。
スマートハウス技術の完成は2020年を目標としているという。延べ床面積、省エネ技術の研究、オープンシステムの構築などハウスメーカーだけでなく一般設計事務所や工務店でも採用できる技術が開発されるのではないかと期待している。

タイトルとURLをコピーしました