ドリップ式珈琲メーカー

ドリップコーヒー

ドリップ式コーヒーが好きだ。コーヒーミルで豆を挽き、ゆっくりとお湯を注ぐ。コーヒーミルで豆を挽く行為は私にとって気分転換、精神統一の所作である。書道において硯で墨を磨る行為と近いかもしれない。朝の忙しい時間から仕事モードの気持ちに切り換える事に役だっている。

ここ数日、ドリップ式コーヒーメーカーの違いによる味の比較をしている。写真左から、三角錘型金属製、ケメックスコーヒーメーカー、プラスチック製の三種類だ。結果は三角錘型金属製が一番美味しいということが分かった。奥深い中にもシャープな味となった。プラスチック製は柔らかな味だがややぼんやりした印象。ケメックスは入れ方による味の違いが大きい。美味しい時はバランスと取れた奥深い味となるが、失敗するとも多い。

実はこのケメックスコーヒーメーカーには専用のフィルターがある。スーパーで売っているフィルターの価格の倍以上という金額から一般フィルターで代用している。一度専用フィルターを使って味を確かめないと正確な比較にならんな。

タイトルとURLをコピーしました