居住時のCO2発生量0(ゼロ)住宅

昨日のブログで今年度の住宅用太陽光発電の固定買い取り価格が42円から38円に下がり、4kWの太陽光パネルを搭載すればCO2発生量が0(ゼロ)となる住宅計画が可能であることおをお伝えした。この記述がかなり曖昧だったので今日はもう少し詳細なデータ―で分析する。
モデル住宅の仕様を変更しながらどうすればCO2発生量が0(ゼロ)となるのかを分析した。
①基礎データ―
建設地は東京都町田市、延床面積86m2(26坪)、4人家族、熱損失係数Q値1.9、日射熱・通風利用は周辺障害の影響が少ない好条件の立地。日射取得、日射遮蔽、自然風の利用など自然エネルギーを有効に利用する設計プランとする。
②冷暖房換気設備
暖房:部分間欠暖房、高効率エアコン
冷房:部分間欠暖房、高効率エアコン
24時間換気:第三種壁付け排気機
③設備機器
給湯:ヒートポンプ式電気温水器、太陽熱温水器:4m2、シャワーや蛇口は節水タイプ、照明器具はLEDと多光式調光蛍光灯の併用、時間制御型瞬間湯沸かし暖房便座便器
④家電機器
2007年以降の高断熱型冷蔵庫、47型省エネタイプテレビ、省エネタイプ洗濯機、省エネタイプオーディオコンポ、電気ポットは使用しない、IHクッキングヒーター
⑤太陽光発電パネル
4kW
以上のような条件で試算した結果、エネルギー消費20.84GJ、光熱費-7万円、CO2発生量-29kgCO2
となった。この試算には乗用車の消費エネルギーは入っていないので家庭単位で考えると乗用車分がプラスになるが、乗用車以外では居住時のCO2発生量2(ゼロ)住宅が実現できる可能性が高いことが分かる、夢を語らずして現実にはならず!!

タイトルとURLをコピーしました