新省エネ基準 温熱環境計算の講習

昨日は自立循環型住宅研究会 関東ゼミ2013 第二回に出席しました。講師は岐阜県立森林文化アカデミー准教授 辻充孝さん。講義内容は本年改正された省エネ基準の熱損失係数と夏季日射取得係数の算出方法についてです。
熱損失係数はQ値→U値へ、下記日射取得係数はμ値からn値へ変更さてたことから新しい評価指数の算出方法を確認してきました。変更の概略は分かっていたのでイメージはありましたが、指標が変更になったことによる細かな部分の拾い方の違いを学ぶ事が出来、気持ちがすっきりしました。
これで本年10月以降に予定されている新基準運用後もスムーズに新省エネ基準へ移行できそうです。
細かな部分をこの場でお知らせしても意味無いので、新基準での変更点でこれは大きな違いだと感じた点を1点お知らせします。窓の付属物による熱貫流率と日射所得率についてです。従来はレースカーテンや厚手のカーテン、ロールブラインドなどの影響を補正できましたが、新基準では和障子や雨戸など建築的な手法による付属物に限定されることになりました。施主が取り外せるようなカーテンなどは考慮しないという事です。これ計算してみると数値結果にかなり影響します。

タイトルとURLをコピーしました