記憶が繋ぐ集住ハウス とてもうれしいご連絡

昨日、とてもうれしいご連絡をいただきました。
5月2日にお引渡しした「記憶が繋ぐ集住ハウス(築45年の木造アパートリノベーション計画)」が満室になったと建て主様から電話をいただいたのです。不動産広告を出したのがゴールデンウィーク前だったので、広告を出してから1ヶ月半で満室になりました。賃貸市場としては動きの少ないこの時期に短期間で満室になったのは、この賃貸住宅の魅力に共感してくれた方々が沢山いたということでしょう。
建て主様のお話では、内覧でいらした方々は部屋に入った瞬間に感嘆の声を上げて即決してくれる人が多かったそうです。建て主様ならびに賃貸入居人の方々に喜んでもらえる仕事ができたことがとてもうれしいです!!

タイトルとURLをコピーしました