建築士会の勉強会に参加 聴竹居

昨日は神奈川建築士会 環境部会主催の感境建築勉強会に出席しました。感境は誤字ではありません。この勉強会は断熱や気密、省エネだけではない環境共生建築、人が快適と感じる建築を建築家の視点で考えようという勉強会です。
写真は京都府に建つ「聴竹居(ちょうちくきょ)」です。建築家・藤井厚二(1888~1938)の実験住宅(自邸)です。1928年に建てられたこの住宅は、真に日本の気候・風土にあった日本人の身体に適した住宅を追い求めた住宅です。住宅見学に行った士会員の感想や細かな環境的工夫も聞くことができました。

タイトルとURLをコピーしました