住宅気密って必要なの?

昨日のブログで、住宅の気密測定の結果1.2cm2/m2だったとお伝えしました。
今日はどうして住宅に気密が必要なのかについてお話しします。建築基準法では住宅の居室換気量は0.5回/h必要です。これはシックハウス対策として平成15年に義務化された基準です。0.5回/hとは1時間当たり部屋の空気を半分入れ替えるということを意味しています。
この基準はシックハウス対策だけでなく炭酸ガス濃度を正常に保つための基準でもあります。炭酸ガス許容濃度は1000ppm以下とする必要があり、0.5回/h換気していれば炭酸ガス濃度も正常に保つことができるのです。(人一人当たり30m3/hの換気量が必要で、6人以上の大家族の場合別途計算が必要です)
写真は私が気密の必要性を建て主様にご説明するときの資料です。気密性能(隙間相当面積)が2.0cm2/m2以下ならば給気口から給気して排気口から排気するという計画換気が可能です。気密性能が低いと、排気口付近の隙間から外気を吸い込み給気口からは外気(新鮮空気)が入ってこないので汚れた空気が室内に留まってしまいます。給気口からの給気量を示すのが右表です。気密性能が悪くなると給気口からの給気量が激減することが分かっています。
さて次に実質換気量について考えてみましょう。実質換気量は換気扇による換気と隙間による自然換気量の総量です。換気扇の換気量は換気能力で決まるので0.5回/hです。自然換気量は内外温度差と外部風速(密集地か郊外地かでも若干変動)、隙間相当面積で決まります。例えば内外温度差15℃の時、隙間相当面積が2.0cm2/m2ならば0.15回相当、隙間相当面積が4.0cm2/m2では0.28回相当、隙間相当面積6.0cm2/m2になると0.42回相当となります。この自然換気量と機械換気量0.5回を加えた換気量が実質換気量になります。気密をなにも考えない住宅では0.5回+0.42回=0.92回の換気量となってしまいます。
計画換気をしながら漏気量も減らせる(暖房費を削減)できる、隙間風による不快感のない気密性能の高い家のほうが良いのは一目瞭然ですね。

タイトルとURLをコピーしました