横浜の二世帯住宅 子世帯プラン検討

6日間の小笠原出張から昨日帰宅しました。小笠原でもずっと検討していた「横浜の二世帯住宅」子世帯プランがようやく完成してきました。建て主様のご要望をかなえながら自然エネルギーを有効活用した快適住宅をどう作るか。面積を広げれば難しくないのですが床面積を抑えなければ予算内に納めることはできません。コンパクト設計は入居後の光熱費減にもつながるのでなんとか実現したいと思い長い間悩んでいたプランの道筋が見えました。

blog category
滑り台のある家
🎉LINE友だち登録でプレゼント🎁

プレゼントを受け取る!!
◎感共ラボのポートフォリオ
◎パッシブ住宅の解説ブック
◎夏の住まい方ガイド
◎冬の住まい方ガイド

感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

  1. ニッチョ より:

    はじめまして{%うれしいwebry%} 朴 賢雄(paku hyonun)と申します。ブログを拝見させていただきました。同じ建築設計者として共感するところがやはりありますね!^_^ 私もブログをやっております。今後ともよろしくお願いいたします!

  2. もりけん より:

    朴様 コメントありがとうございます。依頼者の幸せのためお互い頑張りましょう!!

タイトルとURLをコピーしました