全豪オープンテニス 錦織圭がベスト16進出

40℃を超える猛暑のなか開催中の全豪オープンテニスで錦織圭がドナルド・ヤング(アメリカ)に快勝、全豪オープンでは3年連続のベスト16進出で、4回戦で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦することとなった。ナダルとは過去5戦して5敗だが、マイケル・チャン を新たにコーチに迎え、サーブとストロークを強化し、体調もいいだけにチャンスはある。
ヤングとの試合は第一セットで先にブレークを許し2-5となったが、リードされている状況でも落ち着いたプレーで反撃の機会を狙っていた。試合序盤にラケットガットのテンションが合わずミスを繰り替えいていたショットも、ラケットを3度交換しながらその日の気温や自分の体調にフィットするテンションを探り、セット後半ではミスが激減して随所に見せたスーパープレーで5ゲームを連取して第一セットを逆転でものにした。第二セット、第三セットは錦織の独壇場となりセットカウント3-0での勝利はすばらいものだ。
ベスト8を賭けたナダルとの試合は明日開催される予定だ。全力で応援しよう!!

タイトルとURLをコピーしました