ルーフライトハウス 竣工後の暮らし方アドバイス

一昨日、温湿度データロガーを回収してきた「ルーフライトハウス」の光熱費試算を行って建て主様へお送りしました。このお宅ではヒートポンプエアコン(電気)とガス暖房機を併用しており、今年1月の電気代とガス代が合計で3万2千円と高額になったそうなのです。そこでヒートポンプエアコンのみで暖房するのと、ガス暖房機を併用する場合の違いを試算してみたのです。
結果は、
ヒートポンプエアコンのみで暖房する場合は年間光熱費156,280円、
ガス暖房器を併用した場合の年間光熱費は194,337円という計算結果となりました。この難関19万4千円という金額は、竣工した昨年5月から今年2月までの光熱費から予想する年間光熱費に極めて近い額でした。
建て主様へは、早朝起床前にタイマーでヒートポンプエアコンを稼働させて部屋を暖めておいて、ガス暖房機を使う時間を短くすることで光熱費が下がるとアドバイスさせてもらいました。
竣工後の温湿度実測や光熱費確認(エネルギー消費量確認)という取り組みから、空調機器の選定だけでなく建築デザインへの新たなアイデアが生まれてくるのです!!

タイトルとURLをコピーしました