神奈川建築士会勉強会に参加 感境建築

昨日は神奈川県建築士会 環境部会の「感境建築」勉強会に参加してきました。
感境?って、誤字では?と感じる方もおられるかもしれまっせん。感境は身体感覚で感じる環境配慮型建築という意味で環境部会で作った造語です。単に省エネやエコロジーだけではない、建築家が考える環境配慮型建築を研究している勉強会です。
昨日は私の発表担当で一昨日朝方までかかってまとめた資料を説明いたしました。
必要換気量について、気密性能と換気量の関係、風速と快適性の関係、自然風を利用した換気、温度差換気で生じる換気量(風速)などにいて発表いたしました。
私の発表の他に「視覚」のメカニズムなどについて考えました。
勉強会は月一回行っています。次回は「結露」についての考える予定です。

タイトルとURLをコピーしました