リフォーム工事の金額

昨日は築30年の住宅リフォームを検討中の方からご相談をいただき事務所で打合せしました。一般の方にとってはリフォーム工事に幾らくらいかかるのかが分からず実施する工事を決められないようなので、一般的なリフォーム工事額や耐震補強、断熱改修について解説します。
実際には実施する工事種別や仕上げ材などで上下します。あくまで一般論で参考程度の金額として認識してください。東京や神奈川など首都圏での床面積当たりの金額です。
・床、壁、天井の仕上げのみのリフォーム
1.5万円/m2(5万円/坪)
・上記+水回り(キッチン、お風呂、トイレ)のリフォームをした場合
6万円/m2(20万円./坪)
・さらに構造補強と間仕切りの変更をした場合
12万円/m2(40万円/坪)
・上記に加え断熱改修やサッシ交換、外壁と屋根の改修もした場合
18万円/m2(60万円/坪)
リフォーム工事は改修ヶ所が増えれば関連する工事が連鎖的に増えていき工事額がUPしていきます。優先順位をつけて実施項目を決定する必要があるでしょう。私なら第一に耐震補強をします。どんなに綺麗にリフォームしても家が倒れてしまっては意味ないですからね。
難しいのは断熱改修です。LDKが寒いからといって部分的な断熱改修を入れると改修していない部屋の室温が現状よりも下がり、さらに暖かくなった部屋の水分保有量が増えその水分が寒い部屋に流れ込み結露するという事がよくあります。窓の結露がひどいからといって窓だけを断熱窓に替えると、窓に結露していた水分が行き場を失い北側壁面や箪笥の裏で結露してカビの発生や構造体の腐食を招くこともあります。断熱改修するなら家全体を改修するべきです。当然工事費も高くなるのですが。

タイトルとURLをコピーしました