小笠原ペンション計画 プランの方向性打合せ

昨日、「小笠原ペンション計画」のプラン打合せを行いました。プランというより建て主様と方向性を協議したと言った方がいいかもしれません。小笠原という立地ですので頻繁に打合せを行うことができません。建て主様が帰省している期間を利用して先週末と昨日に打合せをさせてもらったのです。
プランはまだまだ検討を開始したという段階にありますが、実はこの段階で建て主様と設計者の考え方を統一させておくことは極めて重要です。規格化された建物とは違い、設計事務所の設計は方向性が無限にあります。昨日の打合せでは、宿泊室の設えなどのハードの部分、宿泊客にどのように過ごしてもらいたいかなどのソフトの部分について重点的に協議させてもらいました。
これから約3か月間メールで図面やパースをお送りしながら設計を進めていき、8月末に私が小笠原へ渡り次回打合せを行う予定です。

タイトルとURLをコピーしました