古民家再生 下屋根高さを決定

昨日は「築100年の古民家再生」プロジェクトの現場監理へ行ってきました。写真の様子は先週とあまり変わりありません。現場では水回り 部分の柱や梁を施工中で必要な天井高さから改修後の下屋根勾配を決定してきました。その他、大工仕事の細かな質疑などを回答してきました。まだまだ先は長いです。

タイトルとURLをコピーしました